自己紹介〜生い立ちから失敗、そして起業まで〜

自己紹介

どうも鍼灸師でトレーナーをしている井上駿です

今回は僕自身について自己紹介をいていきます

まず僕は現在”闘うビジネスパーソン”を支えるオフィス型訪問治療院のサービスを立ち上げております

このサービスには並々ならぬ思いともっと多くの方に利用いただければ必ず人生が良い方向に向かうと信じています

ではなぜこのサービスを考えたのか、なぜこの熱量なのかを生い立ちも含めて説明させていただきます

かなり長くなるので興味あるところだけ読みたい方は目次を参照ください

時間のない方は最後のまとめだけでも読んでもらえると嬉しいです

幼少期〜高校まで

東京の八王子というところで生まれ運動が大好きなサッカー少年として育ちました
小学校では地元のサッカークラブでキャプテンを任されました。
その当時から勝ちたいという思いが強く、弱小クラブで勝つほうが珍しいようなチームでした。
負けて試合終了の笛がなるといつもその場で砂を蹴って悔しがっていました。
今思えばみんなに俺はこんな悔しいんだとみんなを振り向かせたかったのだと思います

3歳上の兄貴がいるのですがいつもサッカーゲームで負けると悔しく不機嫌になっていました
父からは ”ゲームぐらいでそんな不機嫌になるな” といわれました
僕はたかだかゲームでもとても負けるのが嫌でした

そして中学、高校とサッカーを続けてきました
中学ではキャプテンにはなれずそこからは人任せな考えでサッカーをしていました
高校では周りもみんな上手い人しかおらず、ずっと試合にも出れない状態が続いていました

ここからベンチ外の生活が始まり、新たな考えが芽生えてきました

ここから学んだこと

ー負けず嫌いな少年だった

高校でのベンチ外生活

高校の3年生になったときはベンチ外でした

サッカーの練習で試合前になるとメンバーのセットプレーの練習があります

フリーキックやコーナーキックなどの配置や戦術などを話し合いながら行う練習で

その間メンバーではない選手はどうしていたかというとゴールの裏でボール拾いをしています

メンバーのキッカーにボールを渡すだけの役割やメンバーの外したシュートを取りに行くなど

サッカー部なのに練習ができないつらい日々が続きました

ここから学んだこと

ーベンチ外は悔しい、、

トレーナーを目指したキッカケ

そんな練習ができない日々の中で自分にある変化が起きました

サッカーのプレーではチームに貢献できないけどなにか違う形で貢献はできないかと考えました

私たちのチームは強豪ではない高校の部活動ですがたまたまトレーナーさんがいていつも選手の怪我を見てくれていました

私は怪我するほどアグレッシブにプレーをしていなかったのでトレーナーさんにお世話になったことはないですが、、、

しかし選手を支えるトレーナーさんの姿をみて僕自身トレーナーがしたいと思いました

そこからトレーナーの資格が取れる大学に進学すること決めました

ここから学んだこと

ー初めて心からなにか人の役に立ちたいと思えた

大学入学

無事、目指した大学に行けてトレーナーはり灸コースという専攻で入学することができました

大学では鍼灸の勉強とトレーナーの勉強の両方を行い1年目からハードな単位数でした

結果的にですが、資格取得のために卒業必要単位数の1.5倍ほど単位を取らざるを得ない状況でした

サークルではトレーナーの勉強サークルに入り、夜な夜な教室に集まっては講義を受けたり、自分が講義をしたりと高校まででは決してできなかった経験をさせてもらいました

また実習という形でマラソン大会に救護班として帯同させてもらったり、スポーツの大会の救護班として帯同させてもらったりと多くの経験をさせてもらいました

ここから学んだこと

ートレーナーの勉強は人の身体と心を理解しようとするのが楽しい

大学3年生でぶつかる壁

そして大学3年になりました。授業や大学での活動も慣れてきている中に新たな変化が2つ起こりました

まず1つ目がプロスポーツチームに1年間帯同することです

3年生から現場実習という形で実際のスポーツチームに1年間帯同することになります

様々なスポーツチームがある中で先生方に推薦してもらい、とあるプロのラグビーチームに帯同させてもらうことになりました

このチームは設備などすべて整った日本の中でもこれほどまでない素晴らしい環境です

ここでの帯同が人生の大きな経験となります

そして2つ目がトレーナー合宿のリーダーになったことです

トレーナー合宿とは先程あったトレーナーの勉強サークルで行う一大イベントです

1年に1回他大学のトレーナーを目指す学生と交流と勉強をかけ合わせたものになります

100人規模で会場を借りて2泊3日の合宿を行うリーダーとなったのです

この2つこそが大学3年に立ちはだかる大きな壁となりました

トレーナー帯同では、日々自分のサポートの至らなさを痛感して悔しい毎日でした

スポーツに関わること。スポーツを仕事にする人のプロフェッショナルな姿勢。そんなスポーツ選手を支えるトレーナーという職業。本当に厳しい世界で自分が入り込んでいけるのか不安ながらも日々サポートをしていました

ある1つのエピソードがあります

学生トレーナーは帯同中ドリンクを作ること、練習中それを選手に渡すことを主な業務として任されていました

多くの選手がグラウンドそれぞれで練習するのでボトルに水を入れては練習の合間に渡して、なくなったら補充してとトレーナーでしたがグラウンドをぐるぐると駆け回ることが多くありました

そんなサポートの中で練習中に水の補充が間に合わず何度か練習の合間に水が無い場面がありました

見兼ねたヘッドトレーナー(トレーナーの中での一番トップの取りまとめ役であり指導係でもある)が私に注意をしました

「どうして間に合わないの?なんとかして間に合わせて」

と言われた僕は

(いやいやどれだけ頑張っても間に合わないよ、、)と半ば諦めていました

ただここからが伝えたかったことでヘッドトレーナーが続けて

「ただの水汲みかもしれないけど、突き詰めたらプロフェッショナルになるよ」

「誰かと同じようにやっていたら誰かの代わりになってしまう」

「君にしかできないサポートを考えてやるべきだ」

この言葉はとても頭に重くのしかかりました

その日からただの水汲みかもしれないけど自分なり突き詰めてプロフェッショナルになろうと決意しました

そしてここから徐々に任される業務も増えていきました

トレーナー合宿のリーダーではうまく自分の意見を伝えられずここでも悔しい思いをしました

リーダーの仕事はどういったコンセプトで合宿を行うか、また先生方に講義をお願いしたり、盛り上がって勉強になるようなイベントを企画したりと様々なことを自分が決断していきました

その中で、自分の意見がうまく伝えられなかったり、思ったように人に動いてもらえなかったりと時に苛立ち、時に自己嫌悪に陥ったりと最悪でした

その当時は管理している先生からは怒られ、同級生からも怒られ、自分がなんでリーダーなのかもよくわからないまま合宿の準備をしていました

前日のぎりぎりまで作業をして無事合宿を終えることができました

ここでもある1つのエピソードがあります

それは私が合宿の準備をしているとき

先生への合宿の提案資料を提出する時にこれまで合宿で行われていたものをコピーしてそのまま

「これを今年はやろうと思っています」

そこで先生からは

「ただの作業になってないか」

「なんのためにやるのか、なぜそれが必要なのかもっと突き詰めて考えて」

「やることに意味を持たせないとただやってるだけの無駄になっちゃうよ」

と言われました

そのときの僕はコンセプトも曖昧でただ去年やったものをやればいいと思っていました

でもそれは間違っていて大事なのはこの合宿をなぜやるのか、そしてなぜこのイベントじゃなきゃダメなのか、なぜここで先生の講義が入るのか

全てにwhyを持つことを教えてくれました

今までの自分はただやってるだけでwhyを求めなかったんです

このwhy思考のおかげで合宿にとても意味合いがあり熱量のこもったものになりました

大学3年生にして恵まれた環境で多くのことを学びました

しかし、大学生として最も大切な学業をおろそかにしてしまい、必修単位を落としてしまいました

ここから学んだこと

ー頼まれごとは試されごと

ー頼まれたことを101以上で返すこと

ー小さな仕事から相手の求める以上の結果を出し続けることが大きな仕事を生むのだと思いました。

ーやる物事全てにwhyを求めることで意味のあるものになる

ー熱量を持って物事をすべて取り組むことが人を動かす

突然の留年

大学3年生に留年をしました

トレーナー合宿のリーダー、プロスポーツチームのトレーナーとして多くのことを失敗しながらも学んでいく中で最も大切な学業をおろそかにしてしまい、留年をすることになりました

この当時の僕は、リーダーとして周りから認めてもらえず怒られる毎日で学生トレーナーとしてもあまりいいサポートとは言えず自己嫌悪に陥っていました

そして必修単位の科目というのが実技テストがあり、ペーパーテストとは違い一人で練習するのが難しいものでした

普段であれば周りの友人からテストの傾向を考えたり、対策のために練習をお互いにするのですが、その時は自己嫌悪やプライドなどが入り混じり人に練習させてとお願いすらもできなかったです

ただなんとかなるだろうと思って挑んだテストは結果的になんとかならなかったです

そして留年が決まってしまいもう一度3年生をやることになりました

ここから学んだこと

ー大切なことを自分の中に作って、忘れないこと

ープライドは捨てて、助けを求めることは決してかっこ悪いことじゃない

大学も行かずにゲーム三昧

ほとんどが必修科目であるため単位を落とした科目しか取れないので週に1回しか授業がなかったです

今まで毎日朝早くからサークル活動がある夜遅くまで大学にいたのにそれが急になくなり、どうしていいか分からない時期がありました

家にいることが多くなり、僕は大好きなゲームに没頭することにしました

週に1回、3時間の授業以外のほとんどの時間を大好きなゲームに捧げました

今まで隙あればゲームをしていたゲーム少年がここぞとばかりに熱中しました

しかし、好きだったことは長くは続かなかったです

うだうだするのも3ヶ月もすると飽きてきました

今まで寝る間も惜しんで好きだったゲームが全く楽しくありませんでした

一人だと楽しめるのにも限界があるのかなと思いました

そして強く思ったことが一つあってそれは人と関わることが好きだということでした

やっぱり人と関わること

それは同級生とのバカ話で笑いあったり、先生からありがたい学びを得たり、時に自分の過ちを叱責してもらえること、人に貢献して感謝されること

全てを含めて人と関わるのはとても自分にとって大切であり好きなことだとその時初めて思いました

ここから学んだこと

ー好きだと思うことでも突き詰めるとと意外とそうでもなかったりする

ー人と関わることが好きだと強く思わされた

1からやり直す

ここからゲーム好きを抜けてまた新たな気持で勉強をしようと決心しました

2つ取り組んだことがあり1つは改めて授業を真剣に受けること2つめはトレーナーの活動を再開することでした

1つ目の授業を真剣に受けることは当たり前のことですが、わからないことは誰かに聞いたりする。メモをとる。など大事なことをもう一度新たな気持ちをもって取り組みました

周りは同級生(去年まで後輩)ですが敬語を使ってくるのでとにかくその壁をなくしていき協力してもらえるように働きかけました

そうやって取り組むことで変なプライドが無くなって肩の力がふっと抜けたように生活することができました

そこからは本当に生活が変わって周りが助けてくれたり、声をかけてくれたりと今までとはまるで違う変化を感じることができました

2つ目のトレーナーの活動を再開にあたって新たにトレーナー研修の場を設けてもらえないか先生にお願いをしてみました

本来であれば4月に研修先が決まりそこから1年間の帯同となるのですが、その時はもう8月でした

ですが、駄目もとでお願いしてみると先生から

「とりあえず、来週また来て」

とあしらわれてしまいました

なにくそと思いまた来週に先生に会いに行くと、

「ごめん、今日忙しいからまた来週来て」

いやいや今日空いてるんじゃないのかいと

そして三度の正直

「また来たのか、、」

と、やっと具体的な話をすることができました

ここで思ったのは熱量を持って人に会いに行けばいつかは必ず振り返ってくれるはずだということです

これはその当時は知らなかったのですが、三国志の話で”三顧の礼”という故事成語があります

これは蜀軍の大将である劉備が軍師として諸葛亮を招くために三度も出向いてお願いをし、その熱量に負けて諸葛亮は軍師になることを決めたという故事に由来しています

とにかく人に動いてもらいたいときはまず自分がたくさん動くことだとこのとき身を持って感じました

そして紹介してもらったチームがフットサルのチーム後にこれもターニングポイントになってきます

ここから学んだこと

ー自分のプライドは捨てること

ー三顧の礼(熱意を持って三度出向いてお願いすれば少しでも振り向いてくれる)

親友との連絡が途絶える

小中高と同じ学校の友人からの連絡が途絶えてしまいました

まずは彼の紹介から

彼はとてもコミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれる人でした

高校卒業後は自動車学校にいきそのまま整備士として働くことになります

そして整備士から営業に転職をして才能を発揮し月に高級バックが10個ほど変えるぐらい稼いでしました

高校を卒業してからもちょくちょく会ってはご飯に行っていました

しかしそんな友人からの連絡が途絶えてしまいました

結果的に数カ月後には連絡がとれるのですが、仕事を辞めており理由を聞くともう続けたくないと言っていました

様々な人間関係から精神的に参ってしまい仕事を辞めてしまったのです

また心の疲れがあると連絡を返すことですらとてもエネルギーを使うそうです

なので数ヶ月ほど連絡が返せずにいたみたいです

あれだけ優秀だった友人でも人間関係で精神的に来てしまうのはその能力とメンタルは決して同じだと捉えてはいけないことだと思いました

この体験こそが後のオフィストレーナーズを立ち上げた考えにも繋がってきます

ここから学んだこと

ーどれだけ優秀でもメンタルケアが必要なときもある

プロスポーツチームに就職

無事大学を卒業してプロのスポーツチームに就職することができました

なかなか新卒でチームに入れることは稀ですごくタイミングが良かったと思っています

そして入ったチームというのが留年の時にインターンとして行かせてもらったフットサルチームでした

まさか卒業後もお世話になるとは思いませんでした

ここからトレーナーとしての社会人生活が始まります

ここから学んだこと

ー周り巡って繋がりを感じる瞬間がくること

ー懸命にサポートしていたら誰かが必ず見てくれる

新型ウイルスによって起業を決意した

2020年突如として新型ウイルスによって仕事が休業になってしまいました

練習がなくなり、家で2ヶ月近く過ごしていました

ですがありがたいことに給料は変わらずに振り込まれていました

ここに僕はすごく違和感を覚えました

今までは社会に対して自分の価値を提供したそのお返しとしてお金を頂いていると思っていました

しかし、今回1秒も働いていないのに給料はいままでと同じ分をもらえました

それはスポンサーであったり、チームの事務局の方などのおかげでいただけるだけであって決して自分が稼いだお金ではなかったことに気付かされました

このときの僕はとても無力感を感じ、もっと自分自身で社会に貢献したいと思うようになりました

その中で2つ決めたことがありました

1つは東京から出て環境を大きく変えること

自分の思考や行動を変えるには環境を変えることが一番効果的だと思ったことです

2つめは起業することです

やはり自分で社会に貢献しようとするなら起業して自分の力がどこまで人に貢献できるかやってみたい気持ちが強くなりました

そのための手段として起業するのが早いと思いました

そして東京から三重に行くことになります

ここから学んだこと

ーお金のもらい方を1から考え直すことができた

ー社会に貢献するには自分の事業を立ち上げる必要があること

東京から三重へ

東京のフットサルチームから三重のサッカーチームに活動を移すことになりました

三重の名張というところに移り住むことになり、

自然が豊かで本当に過ごしやすく自分には最高の環境をだと思います

活動も会う人も全てが新鮮で毎日がわくわくしていました

環境が大きく変わったことでとにかく自分に使う時間を増やせたことが大きかったです

ここから学んだこと

ー家事はとても大変、、

オフィストレーナーズ立ち上げ

そして事業を立ち上げました。その名も「オフィストレーナーズ」

オフィスに帯同するトレーナーとして健康管理、体のケアを通じて生産性の向上、メンタルヘルスケア対策になります

これを立ち上げたきっかけは友人が会社を辞めてしまったのが原体験としてあります

優秀な人材もいなくなってしまうと損失になりますので、その対策としてもオフィストレーナーズがあります

オフィストレーナーズがいることで身体も心も健康的になり会社全体が明るい未来に進む事ができると信じています

ここから学んだこと

ー成功するかわからないけどやってみるしかない

未来へ

そして未来へはこの「オフィストレーナーズ」の価値を日本全体に伝えていきたいと思っています

ビジネスパーソンもアスリートと同じように身体を酷使して毎日戦っています

アスリートにトレーナーが必要なように、ビジネスパーソンにもトレーナーが必要だとこの先の時代に強く思います

ストレス社会、失われた30年、少子高齢化など様々な問題を抱える日本で現役世代の生産性を上げて活躍することが必須な時代となってきました

今こそビジネスパーソンの立ち上がるときだと思っています

マッサージや栄養管理、睡眠指導、セルフでのエクササイズなどの処方を通して身体も心も健康になってよりよい人生を送れることをサポートしていければと思っています

以上最後まで見てくださった方がいましたら貴重な時間を使って読んでくださって本当にありがとうございます

僕自身、人生を振り返ってまだまだしょうもない人生だなと思います

もっと充実してもっと社会に貢献できるようにこれからもどんどん進んでいきます

読んでくださってありがとうございます

もし、僕に1mmでも興味を持っていただけたら是非お話をしましょう

身体の不調、痛み、悩みでもなんでも相談になりますよ

あなたの力になれたら幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました