コーチングとティーチングの違い徹底比較して分かった使い分け

未分類

コーチングとティーチングの違い徹底比較して分かった使い分け

コーチングとティーチングの違い徹底比較して分かった使い分け について今回はお話していきます。

僕自身は鍼灸師、トレーナーとしてサッカー、ラグビー、フットサルなど7チームに帯同経験あり日々クライアントや患者様と接しています。

その中で伝え方には非常に困っていました。

この選手にしっかりと家でのセルフケアを教育するときにコーチングが効果的なのか、はたまたティーチングが効果的なのか。とても頭を悩ませます。

ビジネスシーンにおいても部下の育成方法として最近よく耳にするのが、「コーチング」と「ティーチング」ではないでしょうか。

なんだが違いが無いように思える「コーチング」と「ティーチング」の違いを徹底比較して分かった使い分けを紹介していきます。

そもそもコーチングとは

コーチングとは相手の「答」を引き出し行動まで繋げるコミュニケーションスキルです。

相手の「答」というのがキーでこちらからなにかを与えるのがコーチングではないということです。

コーチングの構造として

①目標

②現状

③ギャップ

④行動

⑤アドバイス、フォロー

が基本の流れとしてあります。

特に①〜④をどのようにして引き出すかがコーチングとして重要になってきます。

ティーチングとは

ティーチングとは自分が「答」を描き目標達成に向かうコミュニケーションスキルです。

こちらはさきほどのコーチングとは違い目標達成のためにこちらから解決策や達成手段などを提示してきます。

具体的な解決をこちらが提案することで素早く行動ができるのがティーチングのメリットでもあります。

コーチングとティーチングの徹底比較

コーチングは両方向性、ティーチングは一方向性

コーチングは「相手」と「自分」の両方向のコミュニケーションが必須です。

自分からの問いかけで相手の「答」を引き出しそこから相手自身に行動してもらうまでがコーチングです。

ティーチングでは「自分」からの一方向のコミュニケーションです。

指示や命令などがこのティーチングに該当していきます。

コーチングは「相手」優位でティーチングは「自分」優位

コーチングは相手を「答」を引き出すコミュニケーションスキルなのでとにかく相手を軸に考えます。

ティーチングでは自分の意見を伝えるコミュニケーションスキルです。ロジカルに相手に伝えることでより理解をしてもらいスピーディーに行動をしてきます。

コーチングは対等でティーチングは上下関係がある

コーチングではどんな立場であろうとコーチングの場においては対等という立場をとります。

上とか下はなく専門的な用語も存在しません

ティーチングは上下関係があり自分が上の立場で相手である下の立場の人に対して行うのがティーチングです。

指示をすることで行動を促しますが依存関係が生まれやすいのがデメリットでもあります。

こんなときはコーチング?ティーチング?

実際にこんなときにはコーチングが必要なのか、それともティーチングが必要なのかを徹底的に深掘っていきます

目標設定

コーチング。熟練度によってはティーチングもあり。

目標設定をしてそのために必要な行動を促すのがコーチングの特長です。

ですが目標設定の難易度や相手の熟練度によってはティーチングが適切な場合があります。

例えば新入社員に四半期目標を立てろと言われても無理がありますよね。

こんなときには上司からティーチングによって判断材料を与えてあげることで目標設定をすることが出来ます

日常会話

コーチング。

コーチングには聴く力が試されます。

人付き合いが苦手、人との会話が続かない人ほど「コミュニケーションは話すこと」と勘違いしているかもしれません。

コミュニケーションは話すことよりもむしろ聴くこと、受け入れることが重要なときのほうが多くあります。

今一度普段を会話を「聴く」ことに専念してみてください

コーチングに第一歩になるかもしれません。

高い難易度の仕事

ティーチング。熟練度によってはコーチング。

その人にとって高い難易度の仕事にはティーチングが必要です。高い難易度の仕事では現状とのギャップが多く知識が必要になってきます。そのときにはティーチングによって教えてあげることでギャップを埋め次に必要な行動が見えてくると思います。

ビジネスパーソンの熟練度によってはコーチングによってギャップを相手自身が埋めて仕事を達成できることはあると思います。

ルーティーンワーク

ティーチング。

ルーティンワークと聞くと無駄な仕事と捉えそうですが業務を仕組み化する上ではとても重要です。

日報などの業務を教育していくことで日々の振り返りを仕組み化し業務の改善が自動で行われていきます。

ークリエイティブな仕事

コーチング。

コーチングによって相手の「答」を引き出し前進をサポートし自発的な行動を促すことが出来ます。

クリエイティブな仕事には相手自身の「答」が必要不可欠となってきます。

まとめ

コーチングとティーチングの違い徹底比較して分かった使い分け

コーチングもティーチングもどっちが良いとかではなく使い所によって器用に使い分けることが大切だと思います。

最近はコーチングばかり取り上げられていてティーチングがいけないことのように扱われています。

しかしどちらにも良さはあり使うタイミングさえ間違えなければ目標達成に大きく貢献すると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました